美味しいは、
自然と人が​あわさって​

できあがる。

しい茸狩り・バーベキュー

「おいしかったよ」の声に
またがんばっちゃう!

大阪市内から約1時間。猪名川町の空、風にのる笑い声、原木しい茸を指先に力をいれて採る。収穫してすぐに、炭火で焼いてかじる贅沢さ。その日の朝に採れた食材を、お召し上がりください。

【まん延防止等重点措置期間の営業について】
新型コロナウイルスまん延防止等重点措置期間中(6月21日~7月11日まで)、措置に従い平日(月~金曜日)は15時まで酒類の提供を再開させていただきます。土日祝日は、引き続き酒類の提供を控えさせていただきますのでご了承ください。期間中は、席を離してご利用いただくため、電話でのご予約のみのご利用とさせていただきます。また、わんこお連れでご利用の際は、必ずご予約時にお申し付けをお願いします。ご予約時のお申し付け無くお連れされた際、席に限りが有る為、ご利用いただけない場合が有ります。
お客様にご安心して利用していただけるよう、スタッフ一同新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底して参りますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

仲しい茸園のこと

10万本の原木
ひとつひとつの声に
耳をかたむける

1955年(昭和30年)、炭焼き生産からの転換で、しい茸栽培がはじまりました。現在では、年間約10万本の原木を使ったしい茸栽培を行っています。

購入・お取り扱い

みなさんの
「美味しい!」のために
はげんでいます

手間も時間も力もかかる原木栽培のしい茸。だからこそ、こだわりたい。強い薫りと風味をご賞味ください。

​しい茸マガジン

「教えて! 猪名川町のこと」と、しい茸農家が取材しました​!

IMG_0264.jpg

創業は赤いリンゴの時代①

これまで、マモちゃんや菊炭の今西さん、里山の服部先生はじめ多くの方に、しい茸のことや里山の事について教えていただきました。しかし、実はまだ仲しい茸園の創業当初のことについて良く分かっておらず、気になっていたぼく(努)。今回、義理のおじいちゃん仲富雄(なかとみお)さんに、創業に至った…

IMG_0199.JPG

日々の生活の中の季節

10年ぶりに、こいのぼりと五月人形を出しました。「やっぱりええねぇ」と、りんまま。季節のものを季節の時に楽しむというのは、何にも代えがたい贅沢な時間を感じますね。コロナ禍で、通常の生活が…

DSC_8152[13444].jpg
生しい茸の
保存方法

今日は意外と知らない、しい茸の保存方法について書かせていただこうと思います。

 菌類であるしい茸は、あまり日持ちがしません。うっかり誤った方法で保存してしまうと…

​アクセス

■大阪方面より(大阪市内より約1時間)

阪神高速・池田線 川西小花ICから約25分

■神戸方面より(三宮より約1時間半)

​新名神高速・宝塚北ICから約20分