美味しいは、
自然と人が​あわさって​

できあがる。

しい茸狩り・バーベキュー

「おいしかったよ」の声に
またがんばっちゃう!

大阪市内から約1時間。猪名川町の空、風にのる笑い声、原木しい茸を指先に力をいれて採る。収穫してすぐに、炭火で焼いてかじる贅沢さ。その日の朝に採れた食材を、お召し上がりください。

仲しい茸園のこと

10万本の原木
ひとつひとつの声に
耳をかたむける

1955年(昭和30年)、炭焼き生産からの転換で、しい茸栽培がはじまりました。現在では、年間約10万本の原木を使ったしい茸栽培を行っています。

購入・お取り扱い

みなさんの
「美味しい!」のために
はげんでいます

手間も時間も力もかかる原木栽培のしい茸。だからこそ、こだわりたい。強い薫りと風味をご賞味ください。

​しい茸マガジン

「教えて! 猪名川町のこと」と、しい茸農家が取材しました​!

S__32858121.jpg
仲しい茸園30周年を
振り返って

1992年にお客様の声からスタートした仲しい茸園。お客様やスタッフに支えられて30年続けてくることができました。今回は、普段なかなか敢えて聞くことのない、これまでと今後への想いのついて、リンママとまもちゃんと、次の世代のサオリさんに僕(ツトム)がインタビューしました。

しい茸フェス2022note.jpg

30周年感謝企画 しい茸フェス2022開催します!

30年分のありがとう企画しい茸フェス2022を開催します。30周年の今、あらためてお客様に自然の中で大切な人とステキな時間を過ごして欲しい。そんな想いを込めて、素敵なアーティストさんの演奏を聞きながら、ゆっくりとお寛ぎいただけば、という事で30周年感謝企画「しい茸フェス2022」を開催いたします。

DSC_8152[13444].jpg

生しい茸の保存方法

本日は意外と知らない、しい茸の保存方法について書かせていただこうと思います。

 菌類であるしい茸は、あまり日持ちがしません。うっかり誤った方法で保存してしまうと、冷蔵庫の中で真っ黒になってしまったなんて経験もありませんか?そこまでいかなくても、新鮮な時と比べて風味や食感が落ちてしまったと感じたことのある方は多いと思います。今回は…

INSTAGRAM

​アクセス

■大阪方面より(大阪市内より約1時間)

阪神高速・池田線 川西小花ICから約25分

■神戸方面より(三宮より約1時間半)

​新名神高速・宝塚北ICから約20分